ゆまる*子育て中

長男6さい 次男4さい

田舎プール戦記

「温水プールに行くとき、何を持っていきますか?」

と聞かれて、タオルやゴーグルを忘れたとしても、

  • 水着
  • 水泳帽

を思い浮かべたとしたら、あなたはプールに慣れた上級者だと思う。

 

 

プールがなかった田舎町に、プールができた。 

そこには、プールを知らない人達がやってきた。

そのプールで働いた私の記憶をさかのぼります。驚くかもしれないですが、、実話です。

 

 

「えっ、なんで君、ここに来たの!??」

 

 

緊張して向かったアルバイトの面接で、そう言われました。

泳ぐことが大好きで、どうしてもプールで働きたい(当時学生だった)私は、住んでいた学生寮から1時間半もかかる場所にある温水プールにいました。新しくできたプールがあると聞いて、他のプールも知らなかったし、ここしかない!と思って面接を申し込んでいたのです。

 

人と話すことは苦手だけど、絶対プールで働きたい!と思う気持ちは強かったので、「泳げます」「掃除もすきです」「がんばります」面接中、思いついた言葉を声に出しました。泳げることが雇用の最低条件だと思っていたので、「4泳法できます」「タイムは…」と自己ベストまで伝えた私、、かなり必死でした。

 


結果は、みごと合格!

プールで働けるチャンスを得ます。


 

オープンからまだ数ヶ月のプールは、とてもキレイで、陽にあたり、ライトにあたり、どこもピカピカ輝いていました。

アルバイトのリーダーは、茶髪のロン毛でよく笑う、サーファー風のお兄さん。すっごいプールが似合います。海も川も似合いそう。他にも、私と同い年くらいのお兄さん3人と、少し年上かな?という感じのお姉さん、←のお母さんまでいらっしゃいました!(親子で一緒にアルバイトを始めたんだそうです)。と、私で計7名のチーム。サブリーダーだった方は、学業が忙しく家も遠かったという理由で、私が入る前に辞められたそうです。皆さんとても優しそうで安心しました。

 

 

念願のプールだぁ~!

 

 

大好きな場所で働けるなんて、この上ない幸せ。もちろん緊張もありましたが、ワクワクしながら私の『プールでアルバイト』がスタートしました。

 

更衣室で競泳用の水着に着替えます。その上から短パンをはきます。そして、手渡された新しいTシャツ、背中に大きく『ライフガード』と英語で書かれたTシャツを着ます。な、な、なんか、かっこいい。。。この『ライフガードTシャツ』に憧れていたことを、着るときに初めて自覚しました。そして小さなハンカチをポケットにしまい、肩から笛をかけます。準備OK!

 

「大変なこともあるけど、一緒にがんばろうね。」

 

年上のお姉さんに言われました。大変なことって何だろう??この時は想像もできなかったんですが、本当に大変なことが起きていました。ざっと挙げるとこんな感じです。

 

① 飛び込みおじいちゃん

② コースロープおじさん

③ カーラーおばさん

④ 全裸おばあちゃんズ

⑤ 衝撃の事実

 

( ;∀;) いきます。プール戦記スタート!!

 

 

① 飛び込みおじいちゃん

プールの監視台に座っていた私は、畑で鍛えたらしい筋肉質な足で、プールサイドを歩いてくるおじいちゃんを見つけました。よく晴れた日だったので、陽に当たってピカピカとまぶしく光って見えたのを覚えています。

 

その、おじいちゃんが・・・

その、おじいちゃんが・・・

 

道路標識か?と思うほど大きく書かれた『飛び込み禁止』表示板の前で、大の字ジャンプでプールにダイブしました。違反です。違反者発見っ!

 

ふ、ふぇ、ふえ、、フェヲ、フカナケレバ、、

 

極度に緊張した私は、笛をふけませんでした。

おじいちゃんの、その後の行動を見守り、次の監視台当番に状況を引き継ぐことしかできなくて、、、次の当番のお兄さんは優しく頷いてくれました。私の緊張は、少しだけ和らぎました。

 

 

② コースロープおじさん

すぐに、次のトラブル発生です。コ、コ、コースロープが、、見えていないおじさんがいるんです。2本のコースロープの間を進むのが正しい利用であって、

 

コースロープ内で泳ぐ男性のイラスト

 

 

2本だろうが、3本だろうが、、

コースロープを垂直に進みつづけるおじさんがやってきました。

 

コースロープとは逆方向を赤字の矢印で示したイラスト

 

危ない!ぶつかってしまいそう。。

もぐっては、伸び~~~

もぐっては、伸び~~~

実に気持ちよさそうですが、これは違反です。違反者発見っ!! 

私は、今度こそと、笛をふきました。

 

 

ふひゅっ… ぷひっ…

 

 

笛、鳴らない~~~~~!!!( ;∀;)

練習不足とはこのこと。さらに緊張も加われば、音なんて出ないんですよ!

 

音が出たところで、9割もぐって伸び~~~しているおじさんに聞こえる可能性は低いはず。水面におじさんの顔が出た一瞬にどう狙うか。どうしよう??と慌てていたら、私に1つの考えが浮かびました。

 

 

ーこのおじさんは、日本語が話せないんじゃないか?ー

 

 

そうだとしたら、この晴れた日に私が何を話しかけたとしても「今日はよい天気ですね」としか聞こえないんじゃないか。だとしたらおじさんはきっと、こう返します。

「I think so.」

そう言われた私は「Me too.」「aha.」もしくはオウム返しで「I think so.」の連呼くらいしかできないわけです。あぁ、私の英語力。。なんでもっと勉強しなかったんだろう。。。

 

悶々と悩みながら、監視台を登ったり、降りたりしながら、自分の英会話力のなさを恥じていた私のもとに、他のスタッフの男性が駆け寄ってきました。「どうしたの?」って。(優しい。優しすぎる。。惚れてしまいそ…

 

男性スタッフは、もぐって伸び~のコースロープおじさんが、プールサイドに近づいてきたときにさりげなく呼び止め、腕と指を使ってスッと方向を示しました。

 

ほほぅ!

 

こうすれば、よかったのかー。( ;∀;)

おじさんは見事、コースロープの間を導かれるように進んでいきました。

 

 

同じチームの素晴らしい立ち振る舞いを見て、感動した次に何もできない自分がとても恥ずかしくなってきて、「この仕事向いてないんじゃないか、、」と凹む私の隣には、年上のお姉さんがいて、「ここのゆでたまごおいしいんだよ~」と教えてくれました。食堂のゆでたまご、1個50円。休憩のときに食べました。本当に、とても、おいしかったです。

 

ーお姉さんと、ずっと、穏やかな時間を過ごしたいー

 

そう思った私。私たちの前に、すごい珍客が現れます。さっそく穏やかではない時間の始まりでした。

 

 

③ カーラーおばさん

私と年上のお姉さんが、受付当番のときです。

(え、、嘘~!!?)\(◎o◎)/

頭全部にカーラーを巻いたおばさんが、プールチケットを購入し、私たちのいる受付前にやってきました。そのカーラーの数ったら、数十個はあったかと。。

 

カーラーのイラスト

 

まさに、今、パーマ中!!

誰が見ても、そう思う頭をしています。 

(あぁ、これ絶対だめだよね。。)

(規則には書いてなかったけど、これ絶対だめだよね。。。)

私は、立ち上がりました。お姉さんも、立ち上がりました。

 

「プールでは、水泳帽をかぶる規則になっていまして。」

 

意外でした。私たちの声を聞いたカーラーおばさんは、「あら、そうなの?知らなかったわ」と言ってすぐに去っていきました。私たちは、プールを守ることができたような喜びに満ちていました。

30分後・・・

信じられない光景が、目の中に飛び込んできます。

 

 

カーラーおばさんが

プールサイドに、いる。

 

 

(え、なぜ、どうして???)ざわざわする私。

(どうしよう?どうしよう?)スタッフみんなが慌てています。 

 

おばさんは、たくさんのカーラーの上に、大きな水泳帽をかぶっています。すごい頭です。すごいボリュームです。美容院でしか見たことのない頭が、プールにある。私も~、すっご、、パニック!!!Σ(゚Д゚)

 

慌てながらも、みんなの話を聞いてわかったことは、私たちの受付当番が終わったあとに、おばさんは特大サイズの水泳帽をどこかでゲットして戻ってきたらしい。

「大丈夫、大丈夫。」

受付で男性スタッフにそう話したおばさんは、(水泳帽ちゃんと持ってきたわよ)と言ったのかも。

大丈夫と聞いた男性スタッフは、(水泳帽も持っているし、頭についた物も全部取ってから入水するわよ)と聞こえたのかも。

 

ー交錯する大丈夫ー

 

大丈夫ってなんだっけ?大丈夫の語源は??

漢字をわけたら、きな。ますますわからん!

そんなことを考えているうちに、カーラーおばさん、

 

入水。

 

あぁ~~~~~~~~~!!!

私が先だったか、男性スタッフが先だったか、おばさんの元へ駆け寄り(←プールサイドを走ってはいけません)、注意をしました。

 

この時、間違いなく私は、パーマ液のことを心配していました。

 

どこのメーカーのどの液で、どんな材料が使われているパーマ液をおばさんが使ったのかはわからないけれど、でもどこぞの正体不明なパーマ液が、温水プールに撒かれてしまう。。。この私の不安な気持ちを(おそらく私以外のスタッフ全員の気持ちも)知っていたのか、おばさんはまた「大丈夫」という言葉で返してきました。

 

「大丈夫よ、私ウォーキングだけだからね。」

 

あ、大丈夫だって。水中ウォーキングだからって。

ほんとに大丈夫なの?わーからーないーーー( ;∀;)

この時、私たちスタッフの気持ちはシンクロしていたと思います。みんなが真剣に、どうすればいいのか悩んで、意見を言い合い、今後のプールのために考えて、、、そうこうしている間に、カーラーおばさんは水中ウォーキングを終え、去って行ったんですけど。

 

 

《パーマしながら 入水禁止》

 

 

プールに、新しい歴史が刻まれました。

私はこの日、とても驚いた気持ちをリーダーに伝えました。するとリーダーは、こんなことを教えてくれました。もっと大変なことがあったんだよと・・・

 

 

④ 全裸おばあちゃんズ

田舎町に、新しいプールができてすぐのこと、陽気に話すおばあちゃん2人組が、世間話をしながらシャワーをくぐり、プールサイドに入ってきたそうです。

 

全裸で。

 

事件。事件ですよ。

 

おばあちゃんたちは、

「なにダメなの? 冷たいお風呂じゃないの?」

と言ったそうです。そこでオープニングスタッフみんなで、全裸での利用を食い止め、プールの説明を1からしたんだそうです。

( あぁ~だから皆、仲がいいんだ。)

(もっともっと大変な時期を、乗り越えてきたんだ。)

そう思いました。

 

 

 

そして、さらに驚くことを知るのです。

 

 

 

⑤ 衝撃の事実

リーダーは、休憩時間も、仕事が終わってからも、時間を見つけては泳いでいました。私も、泳ぐのが好きだから泳いでいました。他のスタッフもみんな、泳いでいました。

 

泳ぐのが好きな人が、集まったんだな~。

 

私は、そう思っていました。違かったんです。

リーダーが、言いました。

 

 

「僕たち、みんな、

 

 泳げなかったからね~。」

 

 

( ;∀;)

 

 

なんで、気づかなかったんだろう・・・

ここは、プールがなかった町。

泳げない人が多い町。

スタッフもみんな、泳げなかっただなんて。

 


 

『ライフガード』と背中に書かれたTシャツを着て、泳げない。

 

 監視台に立ち、笛をふくけど、泳げない。

 


 

すごいプレッシャーがあったのかもしれない、と気づきました。

すぐに辞めてしまったサブリーダーだけが、泳ぎの得意な方だったそうです。その方に習い、またはライフガードの本を読んで、マネて、全員が自主的に練習し、泳げるようになったんだそうです。

 

 

 

すごい!( ;∀;)

 

 

 

そしてその泳ぐ姿を、プールに来る人たちが見て、マネて、泳げる人が増えていきました。講習会が開かれるようにもなりました。その時から何年も経っています。プールのなかった町は、プールのある町になり、その歴史とともに、さらに泳げる人が増えつづけているんだと思います。すごい。本当に、『ライフガード』だ。。。

 

 

《 チームワークは 町を変える 》

 

 

チームで動くって、変化をおこすことなんだと思いました。

なんて、、

笛も吹けなかった自分がいうのはおかしい気がしますが。

 

私が自信をもって話せるのは、これくらいかも、、

ゆでたまご、おいしかったです♡ 1個50円!

 

 

 

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン #チームワーク

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン「#チームワーク」を語ろう!
sponsored by LINE WORKS