ゆまる*子育て中

長男6さい 次男4さい

海外で3歳児に丁寧に『バカ』といわれた話

海外で丁寧に、「バカ」と言われたことはありますか?

私は、あります。

 

3歳児に・・・

 

海外へ行かれる際は、お気をつけください。

 

てっぺんにちいさな芽が生えた地球のイラスト

 

以前、英語圏ではないマイナーな国へ行ったときの体験談です。

 

その国は、日本では辞書が手に入らないほどのマイナーな言語が使われています。

  • それを理由に、言語をほとんど学ばず日本を旅立っちゃいました~!
  • それでも、自力でなんとか少しだけでも言語を学び、入国しました。

(え、どっち?)(どっちも)(『飛行機の中で猛勉強した』が正解です)

 

何年勉強しても、ぜーんぜん上達しない英会話に比べ、その国の言葉は入国間もないのに、「あれ?意外と通じる。」と私は勘違いしました。繰り返します。

 

 

私は、勘違いしました。

 

 

後になって気付くんです。外国人がほとんどいないその国では、日本人の私がとても珍しいらしく興味しんしん。出会う皆さんはゆっくり、丁寧に、わかりやすく、話してくれていたということに。

 

 

3歳児は、違ーう。

 

 

現地で日本語が話せるお姉さん(Tさん)と知り合いました。仲良くなってから、Tさんのお宅へ遊びに行くと、元気に走り回る3歳の男の子がいました。Tさんの弟なんだそうです。かわいい~

 

私、外国語、話せる!と勘違いしていた私は、3歳の男の子に自信満々、話しかけました。男の子は答えてくれました。なんか言ってます。なんだろ?

 

ちーーーーーーーっとも、わからない!!! 

 

ちょっと焦る。。。

男の子は、ずっと話しかけてきます。

なんて言ってるんだ? わからない!!!

 

男の子は、かわらず、話しかけてきます。

Tさんが、くすくす笑い出しました。

 

 

(あ、そうだ。)

(Tさんに通訳をお願いすればいいのか。)

 

 

通訳をお願いすると、Tさんは「あ~、、いいのかな?」と少し戸惑った表情を見せましたが、私が頼むと、また笑顔に戻って、男の子の話す内容を教えてくれました。その時の会話が、こちらです。

 


 

「コノクォ ハ~(この子は)

 アナツァノ クォト ヲ~(あなたのことを) 

 

 ナゼ バカ ナンデスカ?(なぜバカなんですか?)

 

 ツォ キイテイマッシュ(と聞いています)」

 


 

驚きながら耳に手をあてて話を聞いているイラスト

 

なぜ、バカなんですか? 

 

そこだけ、くっきりハッキリ聞こえた。

時が止まる私。私がその答えを知りたいの。

Tさんが、通訳をつづけます。

 

「あなたは、僕よりもずっと大きい。

 大人ですね。

 でも、話すのヘタ。できない。

 バカですか?」

 

 

 

バカですか?って。

 

 

 

とても丁寧に、ディスられました。

とーてーも丁寧に、ありがとうございます。

でも、なんて、

答えればいいの~~~???( ;∀;)

 

ここで「そうです私が、バカなおばちゃんです」って志村けんをしたら、日本人と初めて接する男の子に、日本人女性はみんな『志村けん』というイメージを植え付けてしまいます。男の子は喜んでくれるかも?それでいいのか?さぁどうする。

 

短い時間で頭をフル回転させ、私は男の子にこう答えました。

 

「いま、この国の言葉をお勉強中なの。まだ上手に話せないんだ。」

 

現・状・報・告。

相手がいることですから、これでよかったのかは、わかりません。